見る・遊ぶ

湘南モノレールで初の結婚式 車両貸し切りやオリジナルヘッドマークも、カップル募集

オリジナルヘッドマーク装着例。二人の結婚を祝うデザインが車両の先頭を飾る

オリジナルヘッドマーク装着例。二人の結婚を祝うデザインが車両の先頭を飾る

  •  

 湘南モノレール(鎌倉市常盤)と湘南プレミアムWedding(藤沢市南藤沢)は11月11日に駅や車両を使った結婚式「モノレールdeウェディング」を行うカップル1組を6月30日まで募集している。

オリジナルヘッドマークの一例。二人の名前や写真を入れるなど完全オリジナルヘッドマークを作ることができ、車両の先頭に装着する

 「二人がともに歩む人生が、湘南モノレールの象徴である『1本のレール』のように一つになって未来へ向かっていくよう思いを込めて企画した」と話すのは同路線広報担当者。地上を走る鉄道のレールは2本だが、同路線の懸垂式の軌道は1本であるという特徴を強調する。「7色のカラーのラインを車両にペイントしていることから『虹』をモチーフにしたセレモニーを行う」とも。

[広告]

 「二人とゲストをつなぐ虹で全ての人を幸せに」をコンセプトに、当日は11時に大船駅構内で結婚式がスタートする。新郎新婦紹介の後、記念ヘッドマークを贈呈し、入線して来た車両に装着する。11時30分に出発する3両編成の中間車両1両を貸し切りとし、カメラマンによる写真撮影を行う。11時45分に湘南江の島駅に到着し完成したばかりの駅舎の屋上デッキに移動、ウェディングセレモニーを開く。

 同路線は大船駅と湘南江の島駅の8駅6.6キロを14分で結ぶサフェージュ(懸垂)式モノレール。1971(昭和46)年に全線開通し、今年4月には交通系ICカードを導入。改装中だった湘南江の島駅は10月に完成する予定。

 湘南プレミアムWeddingは、湘南・鎌倉・箱根エリアのレストランやパーティー会場で特別感のあるウェディングを企画運営するブライダル専門企業。

 同路線担当者は「二人の大切な人生の新たなスタートの一日を、他にはない特別な日として演出できれば。初の試みでわくわくしている」と話す。

 料金は39万1,000円(税込み)。大船駅の出発式、オリジナルヘッドマーク(製作費込み)、湘南モノレール車両貸切料、セレモニー、司会者、写真撮影(仕度からセレモニーまで、列車内フォト込み)、美容、音響 、セレモニー装飾、ブーケ、プロデュース料を含む。定員はゲストを含み30人程度。申し込み方法はホームページで確認できる。応募多数の場合は抽選。