学ぶ・知る

湘南モノレールで子ども職業体験 今年はケーキ作りや鎌倉武士体験も

本物の帽子を被って運転士気分。司令室では点呼やアルコール検査の体験も

本物の帽子を被って運転士気分。司令室では点呼やアルコール検査の体験も

  •  

 湘南モノレール(鎌倉市常盤)は7月28日~9月2日、子どもが駅員や乗務員のほか、そば店、ボウリング場などで職業体験できる「湘南モノレールのおしごと体験スペシャルin2018SUMMER」の申し込み受け付けを始めた。

湘南深沢ビルにある「深沢砦」では鎌倉武士に。鎌倉時代の仕事も楽しく体験できる

 毎年夏、冬、春に開いている同体験。今回も同社をはじめ、沿線の企業や施設、店舗でのさまざまな職業体験などを用意した。

[広告]

 大船駅で自動改札機や券売機の仕組みや動作の見学、駅構内の放送などを行う「駅員のおしごと体験」。司令室でのアルコール検査、点呼、車内で切符にはさみを入れるなどの「乗務員のおしごと体験」。鎌倉山にあるそばと懐石料理の店「らい亭」での「配膳体験」など、子どもがスタッフとして行動する。

 富士見町駅前にある日本有数の有機蛍光顔料メーカー「シンロイヒ」での「蛍光・蓄光テープで絵を描こう!」、鎌倉在住の水彩画家・矢野元晴さんの指導で学校では習わない水彩画の手法でモノレールを描く「水彩画で湘南モノレールを描こう!」、湘南ボウルでマシンやシステムの見学とレッスンの「湘南ボウルプロボウラーの親子レッスン&職業体験」などに加え、西鎌倉の「レ・シュー」のシェフに親子でレクチャーを受けケーキを作る「夢ケーキin湘南モノレール」、応援メッセージや選手の似顔絵を描いたポスターを作って大船駅に掲出する「湘南ベルマーレ応援ポスターづくり体験」、鎌倉時代の武士の装束を着け弓矢や盤すごろくを体験する「鎌倉武士体験」などのプログラムが今回から加わった。

 同社広報の外山真衣さんは「働くことの大切さや世の中にさまざまな仕事があることを知り、将来について考えるきっかけになれば。子どもの可能性を広げる一方、普段なかなか見ることができない一面を発見できるはず」と話し、「夏休の思い出や自由研究にも」と参加を呼び掛ける。

 7月28日~8月15日開催分の応募締め切りは7月18日で、発表は同20日。8月16日~9月2日開催分の応募締め切りは8月6日で、発表は同8日。申し込みはホームページで受け付けている。