食べる 買う

鎌倉の隠れ家カフェが密に? コロナ禍を機にリニューアル

新設したパンのショーケース。以前はここに同店の象徴ともいえる大きなテーブルがあった

新設したパンのショーケース。以前はここに同店の象徴ともいえる大きなテーブルがあった

  • 20

  •  

 鎌倉でも観光客の姿がまばらな谷戸にあるベーカリーカフェ「テールベルト&カノムパン」(鎌倉市扇ガ谷3)が2月12日、リニューアルオープンし1カ月が経過した。

カノムパンの岳さんとテールベルトの美雪さん

 同店は2011(平成23)年に中村美雪さんがオープンしたカフェで、葉山で天然酵母ベーカリー「カノムパン」を営んでいた中村岳さんが合流、2015(平成27)年に「テールベルト&カノムパン」として新たなスタートを切った。その後、店の一角に入居し観葉植物の提案販売を行っていた「Reef Leef(リーフリーフ)」が卒業すると、片野翔平さんが運営する靴のオーダーメードブランド「Shy(シャイ)」が日曜限定で店を構えていた。

[広告]

 「3店がいいバランスで運営できていたので、しばらくはこのままで行くのかなとぼんやり考えていた」と振り返る美雪さん。「少しだけ気になっていたのは、パンを並べていた1階入り口近くが混雑しがちだったこと」と続ける。

 そこにコロナ禍がやってきた。「入り口の『密』解消は避けては通れなくなり、休業を機に3人で本格的に話し合い」リニューアルに着手する。

 密の原因にもなっていたメインの陳列台を撤去し、カフェスペースだった右奥にガラスのショーケースを新設した。1階はパンの厨房と売り場、カフェのキッチンに。カフェと靴のスペースは2階に移設した。カフェの席数が減った分は、1階奥の裏庭を開放し、テラスに5席を増設した。

 「緊急事態宣言が明けると、以前のように百貨店のパン催事などに呼んでもらうことが多くなり、出店と改装が重なって体力的には厳しかった」と美雪さん。図面上ではなく、什器などを実際に動かし導線を試し、5センチ、10センチ単位で調整しながら配置を決めていった。

 2階に移った靴スペースは、カフェに隣接することで、よりゆったりとリラックスして相談できる雰囲気になった。一部を仕切って工房らしさを演出。屋号も「Shohei Katano」に改めた。

 「大きな決断だったのは、カフェスペースにあった大きなテーブルの撤去」と話す美雪さん。鎌倉にカフェを出店する際に、多様な人が分け隔てなく交流できるようにと置いたものだったから。実際にここからたくさんの縁がつながり、いろいろなことが生まれていった。「Reef Leef」も「Shy」の入居も、ここでの何気ない会話がきっかけだった。「そういうカフェであることが浸透したので、形が変わっても、皆さんがつながってくれると考え」、同店の象徴でもあった大テーブルに別れを告げた。

 一方、岳さんも「葉山時代からパン屋っぽくないパン屋だったが、最近はパン屋っぽくなってきたと言われるようになった」と変化を語る。「ずっと自己表現としてのパンであり、パン屋だった。ただパンを焼きたい、焼きたくて仕方がない、それを好きになってもらった人だけまた買いに来てくれればいい」という境地で、「もはや自分の作っているものはパンなのかどうかも分からなくなっていた」と笑う。

 変化が訪れたのは、百貨店などの催事やパンのフェスティバルへの出店を重ね、従来の来店客ではない新たな顧客の声を聞くようになってから。「もっと多くの人においしい、楽しいと思ってもらいたくなった」と言う。「そのお客様が鎌倉に足を運んでくれたらうれしい。とはいえ、これまで通り既成概念にとらわれず、自分がやりたくないことはやらない」とスタイルは崩さない。

 「ただ、岳さんの焼くパンがどんどん進化しておいしくなっていることだけは確か」と美雪さん。カフェで提供する料理を作る美雪さんも「以前は単においしく食べてもらえるものをとだけ考えていたが、今はいかにパンをおいしく食べてもらえるかにこだわって」と腕を振るうようになった。

 今回はコロナをきっかけにリニューアルしたが、「ここはサグラダファミリアみたいなもので、これからも終わらないし、変わり続けていく」と岳さん。リニューアルから1カ月、訪れる客は戻っているが、今のところ密になっていないという。美雪さんは「どちらかというと迎える側が、まだ慣れていない感じ」とほほ笑む。

 フードメニューは、「パンが主役のスープ・プレート(日替わり2種)」(1,500円)、「店主が好きなパンの食べ方をお勧めする日替わりサンドイッチ」(800円~)、「ライ麦カンパーニュのフレンチトースト」(850円)、「イチジクとカカオのブラウニー」(600円)など。ドリンクメニューは、「コーヒー(フレンチプレス)」(500円)、「コーヒー(ネルドリップ)」「カフェオレ」「ロイヤルミルクティー」「オレンジジュース」「ハートランドビール」(600円)、「アップルビネガーソーダ」(650円)ほか(全て税抜き)。

 営業時間は12時~18時30分。火曜・水曜・木曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース